精神安定剤を飲んで毎日有意義に!みんな何を飲んでいる?

MENU

こころの病気との付き合い方

こころの病気との付き合い方

メンタルヘルスに関して、まだ歴史は古くありませんが、徐々に認知されつつあり、最近では様々な薬等も開発、発売されております。
主に挙げられる病気としてはうつ病等があり、耳にした事もあるのではないでしょうか。
脳内の自律神経に異常を来す事により、この症状が発症する事がわかってきておりますので、様々な強さの精神安定剤が開発されております。

特筆すべきは種類の豊富さではないでしょうか。下記に主な種類を記載させて頂きます。

※パキシル
※バスパー
※バスピン
※エチラーム
※アモバン

これらは全て、効能、または強さが異なりますが、広く精神安定剤として認知されておりますが、アモバン、エチラームに関しては、その副作用の強さの為、2017年9月より、輸入が禁止とされる薬剤となります。


また、うつ病のメカニズムに関しては、正式には不明となっており、社会的相互作用や生物学的観点等、様々な要素が重なり発症する等の仮設が提唱されております。

過度なストレスが引き金になる事もあるとされております。何らかのストレスに起因し、発症する事も考えられております。様々なストレスの中で一番多いとされているのは人間関係でのストレスや、急激な環境変化へ順応出来ずにストレスを感じる等、例を挙げれば近い人物の死やリストラ等、悲しい出来事、逆に昇進、結婚等の嬉しい環境の変化からも引き起こされる事もあるとされております。


どういった性格の人が発症しやすいか?
やはり真面目で責任感があり、自分をあまり出せず、周囲への人当たりも良い人が多いと報告されております。こういったタイプの方は、自信のキャパシティを超越した頑張りや、ストレスをため込み、発散する場や方法が分からず、即座に心のバランスが崩壊してしまう羽目になってしまいます。

完璧を求めるタイプが多く、全てに於いて優先順位を付けて、消去法で対応する事により、観点を変える等でうつ病になりにくくするような行動が重要となってきます。

しかし、性格を治すのは容易な事ではありません。昨今様々な精神安定剤が開発されているので、一人で悩まず、医師に相談する等して、自分に合ったお薬の種類を見極め、無理なく日常生活を営むのが一番重要なのではないかと思います。